読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弱点は足首

ランニング、トレイルランの記録やその他雑記

2000mTT

今日はインターバルをやる予定がトラックが空いてなかったので周回ジョグ。

ふくらはぎにややはり感あり。昨日までの肩の異常な張りと攣り感はだいぶなくなり、なんとか腕振りはできる感じ。

ジョグも飽きた頃に2000mTTを実施。

結果は3:47/kmでフィニッシュ。

10km走った後とはいえ、もうちょい早く走りたかったですね。

肺も余裕あったのでもう少し追い込めたか。

次は3:40/km切り狙います。

 

追記

私は基本ランの記録について、スピードは/kmのペース表記です。

厳密に距離を測って走っているわけではないので、〇〇km〇〇分と言っても誤差があるし、補正したタイムはやはり正確とはいえない、むしろ自分を納得させるために盛ったタイムにする恐れがあるので、それはよくないんじゃないかと。現実から目を背けてるのではと思うのです。

ペースはごまかせない。一定の距離を走った結果なので、そのペースをあと何キロ維持できるかが、5000m,10000mハーフ、フル、ウルトラを走るための目安になるわけです。kmあたりのペースの積み重ねがタイムになる。

実際にレースに出る時の目安は、練習で走ることのできたペースだと思うので、2000mを3分台中盤で走って、あと3km距離を伸ばせるのかとか、10kmを4分ちょいで走ってその倍を走りきれるかとか考えるわけですね。

自分で計測する場合は公式記録ではないので、参考として計測するのは大事だと思いますが、やっぱり意識するべきはペースと、その時の自分の体の変化だと思うのです。

ということでTTをやる場合もスピードは/km表記であり、距離はおおよそのものです。

実際はそれ以上の距離を走っていることが多いですが、確実に走りきれたペースと距離を今の自分の実力として認定しています。

しかし追記長い…